ご相談者様の声

こちらは、最近お手伝いさせていただいたお客様のお声の一例です。
真剣に真摯にお客様の老人ホーム・介護施設選びのサポートをさせていただくことを心がけておりますが、お客様がどう感じていらっしゃるのかが最も重要です。
自分たちの対応レベルを常に向上させていくために、アンケートをとらせていただいております。こちらではその一部をご紹介させていただきます。
(お客様のご了解のもと、掲載をさせて頂いております。)


さわやかな季節になりました。
お元気で活躍のことと思います。入所の際は大変なお世話になりました。少しずつホームの生活に慣れてきました。月に二回は午前中に訪問しています。3月28日に認定作業がありました。ケアマネさんと私が同席しました。「排泄・入浴・更衣」は全補助。他は一切介助です。車椅子を足で自操し他人の部屋へ入ってしまうこともあるそうです。早食いでかきこむ傾向があるので刻み食(おはし)からミキサー食に変更。一皿ずつ出す等の工夫をしているそうです。車椅子よりずり落ちたり、突然立ち上がろうとするので、「安全椅子」を着用。「低床ベッド」「徘徊感知器」を使用しています。また風邪予防のため加湿器を個室に設置しました。「おじちゃん、何かほしいものはないですか」と声をかけると「ない!」と返事してきます。私は月に一回午前中実妹とマンションの大掃除に行っています。まだまだ時間がかかりそうです。
いまにして思えば成年後見人に経済面の仕事を受けて頂いて大助かりです。
私は「毎日の写経」「老人サロンのボランティア(月二回)」「週三日の針治療」「義兄さんのお世話」を中心に生活しています。私に出来る範囲内で社会参加が出来れば十分だと思うようになりました。

その折は大変お世話になりました。芦屋の透析クリニックと調整がつきまして、有料老人ホームに移らせて頂くことが叶いました。入所して一週間が経ちましたが、お陰様をもちまして、父は穏やかな日常を送らせていただいております。
介護施設や介護保険、システム等、無知な私に色々とご教授くださいました中瀬様、又、私どもの立場に立って調整して下さいました池尻様、お二方に心より感謝、御礼申し上げます。
私自身は短期間に悩み、身体だけ無駄に動いた約2ヶ月でしたが、施設で過ごす父の姿を見ておりますと、結果的に微少孝行できたのではないかと勝手に自負しております。
本当に有難うございました。
貴社の益々のご発展と残暑厳しい中悩める方に寄り添ってのお仕事をなさいます皆々様のご健康、ご多幸をお祈り申し上げます。

お世話になります。 今日 父 ○○に移転致しま した。 大変 喜び 楽しそうにしておりました。
見守りが 有るだけで嬉しい嬉しいと 今後 ADL低下で 他所に行かなくてはならない時 また宜しくお願い致します
本当に有難うございました

ご丁寧にありがとうございます。
何やら決まった日から、体が軽くな った気がします。 罪悪感がないと言ったら嘘になりますが。
ここは、自分を大事にすると思っています。
楠本さんにお願い出来て良かったです。
叔母も一人暮らしに疲れてきてるの で、入りたいと言ってます。 こちらは、まだまだ自立で生活されてます。
また、ご連絡させて頂きます。

短い間でしたがこの度はいろいろお世 話になりました。入居先が迅速に決まり助かりました。
新たにお聞きすること出てくるかもしれませんが、その際はまたよろしくおねがいします。