ブログ | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

介護療養型医療施設に住んでいるおじいちゃん・おばあちゃんにはどうやって会いに行けばいいの?

老人ホームで暮らしているおじいちゃんおばあちゃんに会う時は、施設のルールやマナーを守る必要があります。
施設によって決められた時間がありますので、面会はその時間内に行うことになります。
老人ホームの中に介護療養型医療施設がありますが、こちらではどのようになっているのでしょう?

・介護療養型医療施設について
介護療養型医療施設で暮らしているお年寄りも多いでしょう。
介護療養型医療施設は、主として医療法人が運営している医療施設であり、「療養病床」と呼ばれることもあります。
介護老人保険施設や特別養護老人ホームなどと比べて、より重度の要介護者を受け入れている施設です。
施設では食事や排泄介助といった介護サービスが提供されますが、介護療養型医療施設はあくまでも医療機関です。
そのため提供されるサービスは、急性疾患から回復の兆しのある寝たきりの患者さんに対しての、医学的管理ケアが中心となります。
介護療養型医療施設で面会する場合は、施設の規則などを確認して、他の患者さんに迷惑にならないよう配慮しましょう。

・介護療養型医療施設の面会
介護療養型医療施設での面会時間は、各施設によって異なります。
月曜日~日曜日の8:00~20:30、また月曜日~土曜日の14時より20時、日祝祭日は10時~20時までなど、それぞれの施設によって差があります。
介護療養型医療施設は、20時前後まで面会できるところが比較的多くありますので、仕事帰りに面会することも可能です。
実際に面会をする場合、施設の受付で面会の旨を伝えてください。
老人ホームによっては受付簿を設置しているところもあります。
その場合、施設に着いたら面会簿に必要事項を記入して、その後で面会を行います。
そして、面会が終わった後は再び面会簿に退所時間を記入します。
介護療養型医療施設によっては、面会を希望する方が重なる場合がありますので、事前に訪問時間を伝えておくと良いでしょう。
老人ホームでは、食事の持ち込みを禁止しているところが多いのですが、介護療養型医療施設でも同様です。
しかし、面会中に食べきれる量であれば許可される場合もありますので、一度確認してみましょう。
老人ホームでの面会は、お年寄りにとって何よりの楽しみでもあります。
そのため、定期的に訪問してあげると喜ばれるでしょう。
時間に都合がつけば、お子さんと一緒に老人ホームに面会に行ってあげてください。

老人ホームでは、多くの高齢者の方が暮らしています。
高齢者の方が毎日元気に暮らしていけるように、定期的な面会をおすすめします。
面会する時は、お年寄りの体調チェックなども一緒に行うと良いでしょう。

特別養護老人ホームに住んでいるおじいちゃん・おばあちゃんにはどうやって会いに行けばいいの?

老人ホームにお世話になっている方も多いことでしょう。
最近は高齢者の数も増えてきましたので、これら福祉施設も良く見かけるようになりました。
家族の中に施設に入居している方がいる場合、面会するにはどうすれば良いのでしょうか?

・老人ホームでの面会について
お子さんやお孫さんの中には、特別養護老人ホームに入居しているおじいちゃんやおばあちゃんに会いたい人も多くいるのではないでしょうか。
この場合、どうやって会えば良いのでしょう。
老人ホームに住んでいるお年寄りにとって、家族との面会は安らぎの時間でもあります。
自宅を離れて一人で暮らす高齢者にとって、子供やお孫さんなど家族との時間を心待ちにしている人は多くいます。
また、家族だけでなく友達との面会もリフレッシュできる大切な時間といえます。
最近は、24時間いつでも面会ができる介護施設なども登場しており、その人気も高まっています。
特別養護老人ホームでも面会はできますので、会いたい時に会うことが可能です。
しかし、施設によっては時間が決まっていますので注意してください。
特別養護老人ホームでの面会時間は、9時30分~6時30分など、時間の設定がありますので事前に確認しておくと良いでしょう。

・施設でのルールやマナーを守ってください
特別養護老人ホームでの面会は、入居者にとって大きな楽しみの一つといえます。
また、家族も入居者の体調や様子を確認したり、老人ホームのサービス内容をチェックしたりなど、多くのメリットがあります。
特別養護老人ホームで面会する場合、次の点に注意しておいてください。
福祉施設は入居者が共同生活を送る場所でもありますので、面会をする時は他の入居者やスタッフなどにも十分配慮しましょう。
施設にはそれぞれルールがありますので、施設に入ったらそのルールやマナーをきちんと守る必要があります。
例えば、夜間や祝祭日などはスタッフが少ないこともありますので、事前に連絡するなどして状況を把握しておいてください。
また、施設によってはマスク着用を義務づけていたり、食べ物の持ち込みの制限などをしている施設もあります。
共用スペースの場合、声の大きさや話す内容に注意するなどの心配りも必要です。
このように、老人ホームで面会する場合は、施設でのルールやマナーをしっかり守るようにしましょう。

特別養護老人ホームに住む高齢者にとって、面会は何よりの楽しみでもあります。
施設によっては面会時間などが決まっている場合がありますので、面会に行く際には事前にリサーチしておくと良いでしょう。

老人ホームでのトラブルってどんなのがあるの?

高齢化社会と相まって、最近は老人ホームなど高齢者専用の施設も増えてきました。
これら老人ホームの中には介護付きの施設もありますので、要介護の方も安心して生活できます。
しかし、ニュースなどでも報じられているように、施設でのトラブルが後を絶ちません。
ここでは老人ホームで見られるトラブルを紹介します。

・利用料金のトラブル
老人ホームでよくあるトラブルとして、利用料金の問題があります。
一例としては、施設のパンフレットに書いてあった月額費用と、実際の請求額が大きく異なるケースです。
この料金の問題は有料老人ホームで多く見られ、その中でも月額費用のトラブルが増えています。
老人ホームのパンフレットには月額費用20万円と記載があるのに、実際は25万円請求されたなどのケースもあります。
このようなトラブルを回避するためには、老人ホームの月額費用の中に含まれているサービス内容を良く理解することです。
施設のサービス内容は、それぞれの有料老人ホームによって異なります。
月額費用の中には、住居部分の家賃、施設維持管理サービス、食費、介護費用、そして介護保険負担分が含まれています。
施設によっては食事や介護保険、負担分などが含まれていないところもありますので、それぞれの月額必要が異なってきます。
そのため契約を行う際は、しっかりと確認することが大切です。

・入居期間のトラブル
トラブルが多いものの中に、入居期間の問題もあります。
これは入居の時に終身介護と言われたのに、突然退居を求められたなどのケースです。
このような途中退居は、トラブルに発展する可能性が高いので注意する必要があります。
入居者の中には「終身介護」や「終身利用権」と宣伝されている有料老人ホームに入居すれば、一生そこで生活できると思っている方も多くいます。
しかし、それには条件がありますので、最初にしっかりと理解しておく必要があります。
老人ホームに入居した後で、長期入院や認知症、また入居者とのトラブルなど、施設での生活や介護を続けることが困難と判断された場合、退居を求められるケースがあるのです。
どういった場合に退居を求められるかは、それぞれの老人ホームによっても異なりますので、事前に確認しておいてください。
パンフレットなどに終身介護と書いてあっても、一生生活できる保証がないことを認識しておく必要があります。

老人ホームでの生活を希望する方も多いと思いますが、施設ではトラブルが結構多いので気をつけましょう。
入居する際は、契約書などでしっかりと確認しておくことが大切です。

老人ホームの入居期間が決まっているって聞いたんだけど本当?

高齢になるとお世話になる方が多い老人ホームですが、最近は施設が多いのでその選択に迷う人も少なくはありません。
施設を選ぶ時は、様々な条件を基準にすることがあります。
施設の規模、家賃、サービス、地域など色々な基準がありますが、その中には入居期間を条件にしている方もいます。
老人ホームの入居期間はどのようになっているのでしょうか?

・施設の選択について
老人ホームを探す時、実際に住める期間を気にしている方も多いことでしょう。
終身型の施設を希望する人も少なくありませんが、その場合は終身利用権など、基本的には入居期間の定めがない施設を選ぶ必要があります。
老人ホームの数も多いのですが、施設によっては入居期間が定まっているところもありますので、注意しなければなりません。
入居期間の定めがある場合、契約が満了すると退去しなくてはいけません。
しかし、高齢になると体が弱くなりますので、転居が困難になる場合が多いのです。
そのような点もしっかりと考慮して、老人ホームを選択してください。

・入居期間について
年を取ると介護が必要になる方も多いのですが、介護が必要になった時、施設を変えることなくそのまま住み続けることができるのが、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)です。
介護老人福祉施設は、介護保険制度が実施される前は特別養護老人ホームと呼ばれていました。
そのため、現在でも「特養」と省略して呼ばれることがあるようです。
介護老人福祉施設は、身体上あるいは精神上著しい障害があり、常時介護が必要となる高齢者専用の施設です。
入居できる方は、要介護3、4、5に認定された方で、入居できる期間は原則的に終身です。
しかし、入居した後に一定期間の入院など、施設を離れる事態が生じた際には退去させられる場合があります。
そして、有料制の施設としては介護付有料老人ホームがあります。
介護付有料老人ホームは、ここ最近急増している施設です。
介護老人福祉施設の待機者が多いこともあり、介護付有料老人ホームへの入居希望者は年々増えています。
入居できる期間は原則終身ですが、介護老人福祉施設と同様、一定期間入院するなど施設を離れる場合は退去させられる場合があるのです。
また、軽費老人ホームも人気があります。
こちらの施設は低額な料金が魅力的です。
入居期間は特に決まっていないのも特徴的です。

最近は一人暮らしのお年寄りが増えてきており、住居として福祉施設を選択する人も少なくありません。
施設の数は多くありますので、自分に合った施設を選択するようにしましょう。

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ