ブログ | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

グループホームに住んでいるおじいちゃん・おばあちゃんにはどうやって会いに行けばいいの?

老人ホームに住んでいる方にとって、面会はとても楽しいものです。
定期的に訪れてくれる家族、また久しぶりに会う友達など、様々な方に会うことで寂しさを払拭できます。
老人ホームの中にグループホームがありますが、グループホームでも面会はできるのでしょうか。

・グループホームとは
老人ホームを選択する時に、まずは入居条件によって選別している人が多いでしょう。
施設によって入居条件が異なりますので、一人一人に合った施設を選ぶ必要があります。
そして、老人ホームの中にグループホームがあります。
グループホームというのは認知症の症状があり、病気や障害によって日常生活が困難な高齢者が、専門スタッフの支援を受けながら共同生活する介護福祉施設をいいます。
グループホームが介護関連である時は「認知症対応型老人共同生活援助事業」と、呼ばれることもあります。
グループホームでは共同生活を行っていますので、面会の方法が気になる方も多いのです。
全国に施設がありますが、それぞれの施設によって面会方法は異なりますので確認しておいてください。
また、ホームページなどでも面会について記載がありますので、一度アクセスしてみるのも良いでしょう。

・面会時間について
老人ホームでは、施設が空いている時間の関係上、面会時間もその時間と並行して規定しているところが多くあります。
しかし、グループホームの面会時間は全体的にオープンになっています。
特に時間を設けていませんので、原則いつでも面会できますが、早朝や夜間に面会する場合は事前連絡が必要なところがあります。
また、夜間連絡がつかない時は、施設のスタッフの方に相談してください。
老人ホームでは外出、外泊可能なところも多いのですが、この点はグループホームも同じです。
外出、外泊は原則自由に行えます。
外出や外泊を行う場合、その予定日を事前にスタッフに連絡しましょう。
また宿泊も可能ですので、入居者の方と楽しい一夜をお過ごしください。
グループホームで暮らしているおじいちゃんやおばあちゃんも、家族との楽しい時間を期待しています。
日頃話せなかったことを伝えたり、おじいちゃんやおばあちゃんの要望を聞いてあげてください。
また、面会の時は他の入居者の方、またスタッフへの配慮も忘れないようにしましょう。

老人ホームに入居しているお年寄りと面会する場合、施設側の規則を守る必要があります。
老人ホームでは、面会時間が決まっているところが多い中、グループホームでは制限なしのところもあるので確認してみましょう。

介護老人保健施設に住んでいるおじいちゃん・おばあちゃんにはどうやって会いに行けばいいの?

高齢者の方が将来お世話になる老人ホームの中には、介護サービスの提供を行うところも増えてきました。
最近は、介護の問題もクローズアップされてきていますので、介護サービス付きの老人ホームは助かります。
介護サービス付きの老人ホームには、介護老人保健施設があります。
入居者に面会する際に、何か手続きは必要なのでしょうか?

・介護老人保健施設について
介護サービスを提供している老人ホームの中に、介護老人保健施設があります。
介護老人保健施設は、医療法人や社会福祉法人などが運営管理を行っている公的な介護施設です。
施設では、主にリハビリや医療ケアを必要とする、重度の高い要介護状態の高齢者が入居しています。
介護老人保健施設では、食事や排泄といった介助、介護サービスを行っています。
リハビリなどの訓練は辛い時もありますが、そんな時に会いに来てくれる家族がいれば、入居者も心強いのではないでしょうか。
介護老人保健施設では常時面会を行っていますので、時間があれば訪問してください。
入居者の中には寂しい思いをしている方もたくさんいます。
面会で励ましてあげると、リハビリにも一層の力が入るものでしょう。

・施設側も面会を推進しています
介護老人保健施設は、医療処置や機能訓練が充実しており、利用料金が安いことで人気があります。
老人ホームでは面会は自由にできるところが多いのですが、介護老人保健施設も同様です。
施設での面会時間は9:00~20:00、9:30~20:30など、時間が指定されていますので、時間厳守で行う必要があります。
老人ホームの面会については週に1~2日程度の方が、最も多いようです。
次いで月1日程度、そして2週間に1日程度と続いています。
中には、毎日訪問している方もいるでしょう。
介護老人保健施設へ面会に行く場合、事前に連絡を入れておくとスムーズに進みます。
施設で働くスタッフの予定などもありますので、それなりの配慮が必要です。
介護老人保健施設は、面会時間内であればいつでも面会できますので、お気軽にお出かけください。
老人ホーム側では、御家族の方との面会時間をできるだけ多く取ってもらいたい、と考えている施設が結構多いのです。
一人で暮らしているお年寄りにとって、家族とのふれあいは何よりの幸せなのです。

老人ホームに入居しているおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってあげてください。
老人ホーム側でも、家族との面会を推進しているところは少なくありません。
面会でおじいちゃんおばあちゃんを励ますことが、明日への活力になるのです。

養護老人ホームに住んでいるおじいちゃん・おばあちゃんにはどうやって会いに行けばいいの?

老人ホームに住んでいるお年寄りにとって、何よりの楽しみが面会ではないでしょうか。
家族や子供、孫や兄弟など、久しぶりに会う方もいますので会話も弾むことでしょう。
老人ホームでは面会は原則自由ですが、養護老人ホームで面会する場合はどうなのでしょう?

・養護老人ホームについて
老人ホームの種類も多くありますが、その中の一つに養護老人ホームがあります。
養護老人ホームは身体的、精神的、あるいは経済的な理由などによって、自宅での生活が困難な方が入居しています。
お年寄りの自立生活をサポートして、社会復帰を行う支援を行っている施設です。
養護老人ホームは、食事など日常生活のお手伝いをする施設として需要が増えています。
また、施設の中には介護サービスも提供しているところもあります。
養護老人ホームでは多くのお年寄りが生活しており、面会は時間内であればいつでも可能です。
施設に入居しているお年寄りの中には、面会を何よりの楽しみにしている方もいらっしゃるのです。

・時間外の場合は相談してください
養護老人ホームでは、心身障害などにより日常生活を送ることが困難な方、また家族と同居できない方が入居しています。
そのため、面会は家族などと会える絶好の機会ですので、楽しみにしている方も多いのです。
家族も面会を楽しみにしていますので、できれば毎日でも行きたいところかもしれません。
養護老人ホームでも面会は原則自由ですので、いつでも行くことはできます。
施設によっては面会時間を、8:30~20:30などと規定をしていることがあります。
もちろん、各施設によって異なっています。
この時間内であれば、基本的にいつでも会うことができますので、家族と一緒に訪問してあげてください。
また、この時間帯以外の面会を希望する場合は、事前に施設や職員に相談する必要があります。
すでに就寝している場合もありますので、その場合はまた別の日になることもあるでしょう。
面会に行く場合、入居者が必要なものを持っていってあげると喜ばれます。
おじいちゃんやおばあちゃんの中には、子供やお孫さんに会いたい人もたくさんいます。
都合がつくなら、一緒に訪問してあげてください。
養護老人ホームでは施設内のルールやマナーがありますので、面会を行う際はマナーをきちんと守るようにしましょう。
また、スタッフの人員数などにより対応できない場合もありますので、あらかじめ確認を取っておくことが大切です。

養護老人ホームで暮らすお年寄りに面会することで、健康状態や施設のサービス状況などを確認できます。
面会には色々とメリットがありますので、定期的に行うことをおすすめします。

軽費老人ホームに住んでいるおじいちゃん・おばあちゃんにはどうやって会いに行けばいいの?

私たちの将来の生活のサポートをしてくれる老人ホームは、様々な場所で見かけるようになりました。
高齢者の数の増加がその一因ともいわれています。
この施設の一つに、軽費老人ホームがあります。
軽費老人ホームで面会する場合、何か特別な手続きは必要なのでしょうか?

・軽費老人ホームについて
軽費老人ホームはケアハウスとも呼ばれており、地方自治体や社会福祉法人、民間事業者などによって運営管理されている福祉施設です。
自立した独立生活に対して、不安を抱いている高齢者が暮らしています。
また介護型の特定施設では、軽度から重度の要介護状態の高齢者の受け入れも行っています。
軽費老人ホームは、経済状況や家庭環境などの理由によって、家族と同居することが困難な高齢者が生活できる施設でもあります。
一般型の軽費老人ホームでは、介護が必要な時に訪問介護や通所介護といった在宅サービスを利用します。
また介護型の特定施設では、重度の要介護状態のなった時もそのまま暮らすことができます。
軽費老人ホームの入居者に面会する場合は、面会時間が決まっていますので、その時間内に行ってください。

・面会は自由なところが多いです
軽費老人ホームは利用料金が安いこともあり、希望する方が多くいます。
一般型の施設であれば、60歳以上の高齢者であれば入居できます。
施設によっては人数が多いところもありますので、面会時の規則があることもあります。
面会をする時は、他の入居者の迷惑にならないように規則をしっかりと守るようにしましょう。
軽費老人ホームによっては、面会の時間も変わってきます。
面会自体は原則として自由なところが多いようです。
また、他の老人ホームと同じように受付時に面会票などを記入するところがあります。
そして、宿泊も可能です。
施設によっては来訪者の宿泊について配偶者、親子、兄弟姉妹や孫、そして三親等内の介護者の方などに限定しているところもありますので、注意しましょう。
また、宿泊の場合は事前申請が必要なところもあります。
お子さんやお孫さんと面会に行って宿泊する場合、一度施設に問い合わせておくと良いでしょう。
せっかくの面会ですので、宿泊して楽しむのも良いのではないでしょうか。
施設で暮らしている、おじいちゃんやおばあちゃんもきっと喜ぶはずです。

軽費老人ホームに面会に行く時は、面会時間を確認してその時間内に終るようにしてください。
また、施設によっては宿泊もできますので、一泊する場合は事前に申請することを忘れないようにしましょう。
面会に行って、おじいちゃんやおばあちゃんを喜ばせてあげてください。

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ