ブログ | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

老人ホームに住んでいるおじいちゃんおばあちゃんへの連絡手段は?

最近はお年寄りの方でもパソコンやスマートフォン、タブレットなどを扱う人が増えています。
それら通信機器を使って、ライン、ツイッター、FacebookなどのSNSで楽しむ方もいるようです。
老人ホームでも、これらの通信機器を利用している方は少なくありません。
そのため、これら通信機器が連絡手段になることもあります。

・施設との連絡
老人ホームで暮らしているおじいちゃんやおばあちゃんに対して、どうやって連絡していますか?
多くの方は電話ではないかと思われます。
老人ホームでは様々なことが起きますので、お年寄りを預けている家族は心配になることが多いのです。
ちょっとした事故やケガ、容体の急変、または施設のイベントなど、老人ホームとその入居者の家族は連絡を取り合う機会が意外にも多いものです。
連絡手段としては、以前は電話やファックスなどが主流でした。
もちろん、今でもこれらは利用されています。
しかし最近はインターネットの普及もあり、メールで連絡する方も増えています。
施設の方でも、家族に対して直接メールで連絡するところもあります。
もちろん緊急の場合は電話やFAXなどで連絡しますが、イベントなどのお知らせなどはメールでも十分機能します。

・様々な連絡手段
老人ホームではホームページを立ち上げているところも多いので、外部からの問い合わせはホームページを介して行われることも多く見られます。
そのため、施設にお年寄りを預けている家族も、通信機器を利用する人が増えています。
また老人ホームとの連絡以外に、直接本人とメールで連絡する方もいます。
前述のように、ライン、ツイッター、FacebookなどのSNSを利用するお年寄りが増えてきたこともあり、家族から直接入居者に連絡できるようになりました。
SNSであれば、写真や動画などもリアルタイムで送れますので、入居者の元気な姿をいつでも見ることができます。
また、直接メールでもやり取りできますので、家族も安心できるのではないかと思います。
そして入居者に電話をつなげない施設では、ハガキで家族と連絡を取っているところもあります。
この場合、老人ホームでの生活の様子を定期的に家族に送っています。
ハガキが届くのを楽しみにしている家族も多いのです。
このように、老人ホームとの連絡手段は様々です。
どのような連絡手段があるのか、事前に問い合わせておくと便利でしょう。

以前は電話やFAXが主でしたが、最近はメールで連絡する老人ホームも増えています。
老人ホームに住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんへの連絡手段の種類は、広がっているのです。
連絡が簡単に取れるようになれば、家族も安心できるでしょう。

一番安い老人ホームの種類はどれ?

高齢者がお世話になるのが老人ホームですが、施設によって利用料金が変わります。
利用料金が安いところ高いところ様々ありますので、まずは老人ホームの比較検討から始めてみるのも良いでしょう。
様々な施設を見比べることで、料金やサービス内容を把握できます。

・必要料金の把握
老人ホームを見つける時、気になるのが利用料金ではないでしょうか?
費用を考える時に気をつけたいのが、実際に払える費用と今後の生活で必要な費用の把握です。
それぞれの費用を計算して、利用できる老人ホームを探してください。
実際に払える費用は、年金額、預貯金、株式、不動産、保険などの資産、ローンなどの借入金、家族の支援金額などを考慮して決定します。
そして老人ホームにかかる費用の算出も必要です。
老人ホームの費用は、一般的に入居時費用と月額費用に分かれます。
この時に注意することは、月額費用に含まれているものです。
月額費用に含まれているものは老人ホームよって異なりますので、まずその内容を把握してみてください。
そして施設に支払う費用とは別に、日常生活でかかる費用もあります。
これは日用品や医療費などです。
これらの費用を計算して、総合的に判断します。

・施設によって料金は異なります
家族としては、安い料金の老人ホームを希望している方も多いことでしょう。
老人ホームによって料金は変わります。
前述の費用を考慮して見てみると、次のようになります。
料金が高い施設は、シニア向け分譲マンション、高齢者専用賃貸住宅、サービス付き高齢者住宅、高齢者向け優良賃貸住宅です。
そして比較的料金が安い施設は、軽費老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、特別養護老人ホームなどです。
これらの施設では、個室と多床室のところがあります。
もちろん個室と多床室でも費用は異なりますので、確認しておく必要はあるでしょう。
多床室の施設は費用が安いこともあり、待機者が増えています。
そのため、入居難易度は高い傾向にあるのです。
このように、施設の種類によって利用料金は変わりますので、予算と相談して決めてください。
また、インターネット上の比較サイトなどもおすすめです。
比較サイトであれば料金ごとに施設を検索できますので、安い施設が見つかりやすいのです。

老人ホームによって利用料金は異なりますので、安い施設を見つけるためには多くの情報を集めてください。
パンフレット、新聞広告、インターネットなど、様々な情報を利用すると良いでしょう。
料金の安い施設は人気があります。
そのため根気よく探していきましょう。

どれがいい介護施設なのかわかりません!

おじいちゃんやおばあちゃんには住みやすい老人ホームに入ってもらいたい、そう思う家族の願いは切実です。
しかし、全国には多くの老人ホームがありますので、その中から選ぶのは難しい面があります。
どうすれば、おじいちゃんやおばあちゃんに喜んでもらえる施設を見つけることができるのでしょうか?

・施設の探し方
老人ホームの探し方は様々ですので、自分に合った方法を選択してください。
良い施設を選ぶには多くの情報が必要です。
そのため、まずは施設に資料請求を行ってみるのも良いでしょう。
最近はホームページを立ち上げている施設も多いので、ホームページから請求する方法もあります。
お問い合わせフォームからの連絡、また資料請求のコーナーを設けている施設もありますので利用してみてください。
ホームページから資料請求ができない場合は、電話で問い合わせてください。
その時に老人ホームについての費用、サービス内容などを聞いてみるのも良いでしょう。
資料では分からない面を把握できますので参考になります。
また一括で資料請求をしたいのであれば、インターネットの情報サイトがおすすめです。
インターネット上には老人ホームの探し方など、おすすめの施設を紹介したサイトもあります。
情報サイトでは老人ホームの紹介、また資料請求が一括でできるコーナーなども設けています。

・施設の見学
良い老人ホームを見つけるには、基本的には情報が重要です。
そのため、できるだけ多くの情報を集めてください。
また、情報だけでは不十分な面がありますので、他の方法で補充する必要があります。
最適な方法は施設の見学です。
希望する施設が近くにあるのであれば、一度見学をしてみてください。
見学によって、パンフレットに記載されていない事項を把握できます。
また、老人ホームの雰囲気などを掴むことができ、判断材料がたくさん集まります。
施設でも随時見学を予定しているところがありますので、利用してみてください。
見学によって施設での生活の様子、サービス内容などが分かります。
また、入居者から直接話を聞いてみるのも良いでしょう。
おじいちゃんやおばあちゃんが住みやすい老人ホームを見つけるには、より多くの情報があると便利です。

老人ホームの数は多いので、選択に迷う人も多いのではないでしょうか?
少しでも良い施設を見つけるには、施設の比較検討が大切です。
そして施設が見つかりさえすれば、次は施設を見学して雰囲気を掴んでください。
このようにして探せば、最適な施設と出会うことができるでしょう。

おじいちゃんに老人ホームに住んでほしいんだけど、どうやって説得すればいい?

最適な老人ホームが見つかった場合、次はおじいちゃんやおばあちゃんへの提案です。
老人ホームへの入居を納得している場合は良いのですが、中には聞き入れてくれない方もいます。
その場合、施設への入居を説得する必要があります。
どうすれば上手くいくのでしょうか?

・誰が説得をするのか
おじいちゃんやおばあちゃんのための最適な老人ホームが見つかったとしても、肝心の本人が聞き入れてくれなければどうしようもありません。
本人の事情もあると思いますが、上手に説得する必要があります。
どうすれば上手く説得できるのでしょうか?
この場合、まずは誰が説得するのかを決めてください。
おじいちゃんやおばあちゃんも、誰から説得されるかによって気持ちの変化が訪れます。
家族が説得をしても、耳を貸さないことは多いのです。
親戚でもダメ、もちろん他人が説得しても効果がないということも、少なくはありません。
このような場合、一番効果があるのが実は主治医です。
医者は素晴らしい技術を持っており、毎日多くの患者さんと接しています。
また、健康の専門家ということもあり、様々なアドバイスをしてくれます。
家族の言うことを聞いてくれない場合、主治医に依頼してみると良いでしょう。
特にかかりつけの医師のアドバイスはとても重宝されており、クリニックから帰ってすぐに老人ホームへ入居した人も多いのです。

・説得時の注意点
老人ホームへの入居を、家族が行う場合も多いかもしれません。
この場合、いくつか注意する点があります。
まずは、おじいちゃんやおばあちゃんに対して、一方的に話をしないことです。
相手の様子を見て、ゆっくりと話してください。
また、おじいちゃんやおばあちゃんの不満や不安なども、よく聞いてあげることが大切です。
知らない場所で生活しますので、色々と不安も多いはずなのです。
そのような不安をしっかりと聞いてあげてください。
そして焦らないで、根気よく老人ホームのことを話すようにしましょう。
しっかりと理解できるような話をすれば、おじいちゃんやおばあちゃんも分かってくれます。
更に話をする時は、こちらの都合ばかりを言わないようにすることが肝心です。
このような点に注意して説得すれば、家族でも成功する確率が高まりますので実行してみてください。

老人ホームへの説得はとても難しいものです。
全く知らないところで生活することになるので、仕方のないのかもしれません。
しかし、相手に老人ホームの必要性をしっかりと伝えれば理解してもらえますので、まずは実践してみるようにしましょう。

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ