ブログ | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

老人ホーム(介護施設)はどんな人でも入れるの?

年齢を重ねると将来の生活が不安になってくる方も多いのではないでしょうか。
若いころのように健康体であればいいのですが、年を取ると病気やケガなどで生活に支障をきたす人も少なくありません。
また一人暮らしをしている人は、将来介護の不安も出てきます。
そういう時便利なのが老人ホームになります。

・入居条件に注意が必要
高齢者の中には、老人ホームへの入居を希望している人も多いのではないでしょうか。
以前と比べて施設の数も増えてきましたので、希望する施設を探している人も多いことでしょう。
しかしこのような施設の利用が初めての方にしてみたら、誰でも入れるのか不安に思う人もいると思います。
老人ホームの入居条件が気になるところですが、実態はどのようになっているのでしょうか。
老人ホームの入居条件については、それぞれの項目ごとに見ていくと分かりやすくなります。
最も重要なのが年齢です。有料の老人ホームの入居条件としては、必ず年齢制限があります。
多くの施設では、60歳以上、また65歳以上などの基準が設けられています。
そのため自分の年齢をもとにして、希望の老人ホームを選択することになります。
また施設の中には40歳以上の方で特定疾病認定を受けている方は、特別に入居可能なケースもあります。
その他にも民間の有料老人ホームの中には、交渉次第で入居できる場合もあるようです。
気になる施設があれば問い合わせてみてください。

・その他の条件について
老人ホームのその他の条件としては、介護度も重要です。
施設に入居する際の介護度を入居条件としている施設も多いので、入居を希望する場合は注意してください。
そして入居条件に自立が目的となっている場合に注意する点は、施設に入居した後に介護が必要になった場合です。
老人ホームの中にはそのまま継続して生活できる施設もあれば、介護が必要になった時に退居を求められるところもあるようです。
自立を目的で入居する方は注意しておいてください。また医療依存度による条件もあります。
糖尿患者の中で食事の管理が必要になる方、またカテーテル処置が必要な方など、それぞれの医療依存度による基準を設けているところもあります。
医療のケアは人の命にも関係してきますので、それぞれの医療依存度をよく確認しておいてください。

老人ホームを入居する場合、様々な基準を設けていることもありますので良く確認しておいてください。
施設の入居条件によっては、せっかく入居を希望しても断られてしまうこともありますので注意が必要です。

 

神戸老人ホーム紹介センター

老人ホーム(介護施設)ってどういう場所?

高齢化社会に伴い、日本でも多くの高齢者を見かけるようになりました。
高齢になると介護などの問題も多くなり、ケアなしでは生活できない人も増えてきます。
そのような時に利用されるのが老人ホームです。介護施設と呼ばれることもあります。
老人ホームではどのようなことが行われているのでしょうか。

・民間からの参入も増えている
高齢者の増加に伴い、高齢者施設の数も増えてきています。
そのような高齢者施設の中で、良く知られているのが有料老人ホームになります。
優良の介護施設では高齢者の方たちに食事の提供、入浴、排泄の補助、また介護のお世話など、
日常生活を送る上で必要となる生活支援を行う施設を言います。

老人ホームの設置については特別な規制や資格制度などはありませんので、
民間企業からも多くの企業が参入してきています。
老人ホームの入居費用については各施設によって異なっており、
施設の中には低金額のものから高級施設まで、入居者の希望に合った老人ホームが存在しています。

そのため施設に入居を希望する方は、事前に様々な情報を入手することを勧めします。
インターネットなどの情報サイトなどでは、有利の介護施設などを紹介しているページもあります。
そのような情報サイトを使って、施設検索できますので利用するのもいいでしょう。

 

・有料老人ホームの種類について
有料老人ホームは、その形態によって次の3つに分類できます。
まず介護付の施設です。
これは介護が必要になる方が対象の施設です。
施設では常駐のスタッフが待機しており、様々な介護サービスを提供してくれます。
毎日の食事のみならず、入浴や排泄といった日常生活すべての介護サービスを受けられます。
次に住宅型の有料老人ホームです。
これは介護が必要な人、また介護が特に必要ない人も対象になります。
住宅型の施設では最大で1日3食の食事サービスがありますが、
常駐の介護スタッフが行う介護のサービスはありません。
介護サービスを受ける場合は自宅の時と同じように訪問介護などの外部サービスを受けます。
そして健康な方向けの有料老人ホームでは、自立した日常生活が可能な高齢者を対象にしています。
施設では軽い運動の出来るトレーニングルームや、疲れや慢性的な病気療養の出来る露天風呂などの
様々な設備があり、毎日の生活も充実してきます。
食事サービスはありますが、介護が必要になれば退去することになります。

以前と比べて、老人ホームの数や内容も充実してきています。
また並行して、利用料金も高くなってきています。
その他このような施設を利用する場合、サービス内容や予算などをよく考慮して選択するようにしてください。

神戸老人ホーム紹介センター

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

本年も何卒よろしくお願い致します。

 

高齢者の方々およびご家族の方々の負担を少しでも軽減できるように、

サポート体制をしっかり整えてまいります。

 

 

神戸老人ホーム紹介センター

藤本 将誉

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ