軽費老人ホームに住んでいるおじいちゃん・おばあちゃんにはどうやって会いに行けばいいの? | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

軽費老人ホームに住んでいるおじいちゃん・おばあちゃんにはどうやって会いに行けばいいの?

私たちの将来の生活のサポートをしてくれる老人ホームは、様々な場所で見かけるようになりました。
高齢者の数の増加がその一因ともいわれています。
この施設の一つに、軽費老人ホームがあります。
軽費老人ホームで面会する場合、何か特別な手続きは必要なのでしょうか?

・軽費老人ホームについて
軽費老人ホームはケアハウスとも呼ばれており、地方自治体や社会福祉法人、民間事業者などによって運営管理されている福祉施設です。
自立した独立生活に対して、不安を抱いている高齢者が暮らしています。
また介護型の特定施設では、軽度から重度の要介護状態の高齢者の受け入れも行っています。
軽費老人ホームは、経済状況や家庭環境などの理由によって、家族と同居することが困難な高齢者が生活できる施設でもあります。
一般型の軽費老人ホームでは、介護が必要な時に訪問介護や通所介護といった在宅サービスを利用します。
また介護型の特定施設では、重度の要介護状態のなった時もそのまま暮らすことができます。
軽費老人ホームの入居者に面会する場合は、面会時間が決まっていますので、その時間内に行ってください。

・面会は自由なところが多いです
軽費老人ホームは利用料金が安いこともあり、希望する方が多くいます。
一般型の施設であれば、60歳以上の高齢者であれば入居できます。
施設によっては人数が多いところもありますので、面会時の規則があることもあります。
面会をする時は、他の入居者の迷惑にならないように規則をしっかりと守るようにしましょう。
軽費老人ホームによっては、面会の時間も変わってきます。
面会自体は原則として自由なところが多いようです。
また、他の老人ホームと同じように受付時に面会票などを記入するところがあります。
そして、宿泊も可能です。
施設によっては来訪者の宿泊について配偶者、親子、兄弟姉妹や孫、そして三親等内の介護者の方などに限定しているところもありますので、注意しましょう。
また、宿泊の場合は事前申請が必要なところもあります。
お子さんやお孫さんと面会に行って宿泊する場合、一度施設に問い合わせておくと良いでしょう。
せっかくの面会ですので、宿泊して楽しむのも良いのではないでしょうか。
施設で暮らしている、おじいちゃんやおばあちゃんもきっと喜ぶはずです。

軽費老人ホームに面会に行く時は、面会時間を確認してその時間内に終るようにしてください。
また、施設によっては宿泊もできますので、一泊する場合は事前に申請することを忘れないようにしましょう。
面会に行って、おじいちゃんやおばあちゃんを喜ばせてあげてください。

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ