軽費老人ホームって入居するのにどれくらいお金が必要なの? | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

軽費老人ホームって入居するのにどれくらいお金が必要なの?

高齢者が一人暮らしをしていて体が不自由になってくると、心配を抱えてしまう人も多いのではないでしょうか。
体が不自由になってしまうと、介護が必要になることもあり、家族が支えていくのはとても大変です。
家族の介護でも苦痛に感じることが多く、自宅で介護を行う深刻さに心を痛めてしまうことも多いのです。

・軽費の老人ホームを利用するのに適している入居者は
軽費の老人ホームは、社会福祉法に定められた福祉施設の1つです。
軽費の老人ホームには種類があり、A型やB型、ケアハウスの3つに分けることができます。
A型やB型の老人ホームでは、60歳以上の入居者が利用できるようになっています。
この老人ホームでは、家庭の事情で家族と同居できない人や身寄りのない人が、自治体を通して助成を受け、格安で入居ができる軽費の老人ホームとなっています。
A型は、給食サービスや日常生活に必要なサービスを受けられるのが特徴となっています。
また、軽費の老人ホームということもあり、毎月の費用を支払う家庭の月収が34万円までという所得制限もあります。
A型に比べて、B型の場合は自炊を行うことを基本としていて、日常生活のサービスが必要最低限となっています。
ケアハウス(C型)は60歳以上で、なお且つ自炊ができないくらい身体機能が低下している人や、独立して暮らすには不安がある人などを対象としています。
ケアハウスではA型と同様に、給食サービスや日常生活に必要な介護サービスを受けることができます。

・軽費の老人ホームの入居一時金はどのくらい
軽費の老人ホームに入居する場合は、場所によって入居一時金が必要になることもあります。
入居一時金は、軽費の老人ホームの場合、50万円~400万円程度といわれています。
毎月にかかる費用はA型の場合で6万円~17万円程度、B型で3万円~4万円程度となっているのに対して、ケアハウスではA型と同じ6万円~17万円程度が必要になります。

軽費の老人ホームには3つのタイプがありますが、要介護度が高くなってしまう可能性も考えられます。
身の回りのことが自分でできるというのが、軽費の老人ホームの入居条件になってしまうため、要介護度が高くなってしまった場合は退室しなければならないという決まりがあります。
その場合は、通常の老人ホームに移らざるを得ないデメリットもあります。
通常の老人ホームに移る際は、その場所によってまた入居一時金が必要になることもあるのです。

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ