軽費老人ホームってなに? | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

軽費老人ホームってなに?

老人ホームを選択する場合、様々な要素を考慮して決めることになります。
いろいろな要素がありますが、利用料金も結構大きな要素になってくるのでないでしょうか。
老人ホームの中には価格の高い施設も多いので、予算との相談にもなります。

・軽費老人ホームについて
老人ホームを利用料金で選ぶ時、軽費老人ホームも選択肢に挙がってきます。
軽費老人ホームというのは家族との生活が困窮な高齢者が、低料金によって食事や日常生活の支援を受けられる施設を言います。
軽費老人ホームは、「軽費老人ホームA型」、「軽費老人ホームB型」、「ケアハウス」の3つに分かれます。
これら3つを総称して、軽費老人ホームと呼んでいます。
この施設は有料の介護施設などと比較して利用料金が安い施設も多く、また国や地方自治体からの補助もあります。
全体的公的な面が強い施設として知られています。一般的な有料施設と違って、入居者の健康状態による入居制限が設けられています。
軽費老人施設と似たような施設としては、低価格の施設があります。
しかしそれらの施設は民間企業が運営・管理していますので、国や地方自治体からの補助金はありません。

・施設のA型とB型について
軽費老人ホームは、A型、B型に分かれています。A型、B型それぞれ、老人福祉法の規定による福祉施設になります。
入居者の所得により月額の利用料金が変わる施設であり、家庭の事情などによって家族との同居が困難な方が対象になります。
A型、B型の違いは、食事の提供の有無にあります。A型の施設は食事の提供がありますが、B型の施設は基本的に自炊です。
A型の施設の場合、食事が必要ない時は拒否することも可能です。
A型とB型の入居条件はともに60歳以上の個人、あるいは夫婦の一方が60歳以上です。
そして家族の事情などで、自宅での生活が困難であることが条件になります。
各地方自治体によっては所得制限が異なってきますので、事前に確認しておいてください。
そしてもう一つのケアハウスです。ケアハウスは、1990年に新設された施設になります。
ケアハウスは軽費老人ホームC型と呼ばれることもあります。食事の提供が主となったサービスを提供しています。
A型、B型は入居一時金や利用料金は必要ありませんが、ケアハウスは必要です。

介護施設を見つける時、軽費老人ホームも選択肢の一つに入れる人も多いと思います。
施設では入居一時金や利用料金も高いところが多いので、予算に見合った施設を選択してください。
また施設で提供されるサービスにも注意してください。

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ