老人ホーム(介護施設)入居中に入院してしまった場合、どうなるの? | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

老人ホーム(介護施設)入居中に入院してしまった場合、どうなるの?

老人ホームに入居する場合、入居後のトラブルにも十分注意する必要があります。
入居した後、老人ホームでの人間関係、毎月の利用料金、入居一時金など多くのトラブルを抱えることがあります。
その他にもトラブルはありますが、入居した後のトラブルの中で一番多いのが、入院が原因の退去問題です。
老人ホームに入居した後に入院するケースも結構あるようです。

・入院によるトラブル
老人ホームへと入居するのは高齢者ですので、入居する前はたとえ健康体であっても、その後の事情によって病気にかかるリスクも高まります。
身体機能が低下することでケガをしたり、また病気にかかったりすることは十分可能性があります。
施設の医療ケアなどかしっかりしていれば問題ありませんが、そうでない場合たとえ利用料金を払っていても退去を余儀なくされることもあります。
人気のある特別養護老人ホームでは、規定の中に退去事項が記載されています。
入居した後3カ月以上の入院が必要となった時、あるいは医療行為が必要となった時は、退去を命じられる可能性がある旨の規定があります。
老人ホームは看護施設ではなくあくまでも介護施設ですので、医療行為は受けられません。
そのようなこともあり入院が長期に及ぶ場合は、退去もやむを得ないことになります。

・退去事由を確認してください
公共型の老人ホームでは入院の場合退去する可能性がありますが、民間の老人ホームでは退院が見込まれている時は退去する必要がないところもあります。
この場合毎月の利用料金の支払いをしていれば、病院を退院した後に再び施設を利用できる制度があります。
また入院ではなく、通院だけであれば老人ホームの生活を問題なく継続できます。
施設に入居した後に病気で入院する場合、退院した後にカムバックできる制度があるのかどうか確認しておいてください。
制度があるにもかかわらずそのまま退去してしまえば、後々トラブルのもとになりかねません。
また入院による早期退去の場合、契約書の退去要件をしっかりと把握しておいてください。
認知症や長期入院の場合、過去の事例などを確認したりして手続きを行ってください。
また不明な点は施設に確認して、疑問点を解消しておいてください。
入院が原因で退去する際のトラブル事例も多いので、入居前に理解しておくことが大切です。

このように老人ホームでは、入居者が入院した時のトラブルも増えています。
誰でも起こり得ることですので、契約条項などをしっかりと確認しておくことが大切です。
また過去の事例なども参考にしておくと良いでしょう。

 

神戸老人ホーム紹介センター

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ