介護老人保健施設ってなに? | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

介護老人保健施設ってなに?

老人ホームに入居すれば、老後快適な生活ができます。
しかし人気のある施設は入居希望者も多いので、実際に入居できるまで時間がかかることもあります。
そのため、希望する施設があれば早めにアクセスすることをお勧めします。
早目にアクセスすれば、老人ホームに入居できる可能性も高まります。

・介護老人保健施設について
老人ホームの種類も様々ですが、その中に介護老人保健施設があります。
介護老人保健施設は公的機関が運営・管理を行っていますので、比較的少ない料金で施設を利用できます。
また公共型の老人ホームということで医療管理も整っており、介護や看護など様々なリハビを受けることもできます。
介護老人保健施設では、リハビリや医療ケアが必要な重度の要介護者を受け入れています。
介護老人保健施設は食事や入浴、排泄などの護サービスも提供しています。
しかし施設が提供しているサービスは、あくまで在宅復帰が目的となったものです。
そのため実際に提供しているサービスは、自宅などに戻れるためのケアが中心となっています。
そういう事情もあり、介護老人保健施設は特別養護老人ホームみたいに終身制の施設とはなっていません。
入所期間となっている3カ月を目途に、退所や入所継続の審議が行われます。
審議によって退所できると判断されれば、退所を求められることになります。

・メリット・デメリットについて
介護老人保健施設を利用する人も増えていますが、施設のメリットは医療処置の充実が挙げられます。
その他にも機能訓練も充実しているので、訓練によって自宅へ戻れる方も少なくありません。
さらに老人ホームの利用料金が安いことも大きな魅力です。
利用料金が安く、入居一時金も必要もありませんので、経済的負担も軽減されます。
利用料金も入居室の設備や世帯収入、また課税状態などによって変わってきますが、だいたい8万~13万円程度になっています。
これは特別養護老人ホームと比べて、少し高くなっています。
そしてデメリットとしては、長期間の入所が厳しいことです。
介護老人保健施設は短期的な入所が目的となっていますので、そのつもりで入居する必要があります。
多床室があまりなく、老人ホームと比べて一般的にレクリエーションなどのイベントもあまり行われていません。

介護老人保健施設は、医学的なケアやリハビリテーションサービスの提供が大きな特徴でもあります。
また2006年以降新しいリハビリテーションとして、認知症患者用のプログラムの提供も始まっています。
今後も多くのサービス提供が期待される老人ホームとして注目されています。

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ