介護施設ってどんな種類があるの? | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

介護施設ってどんな種類があるの?

できればいつまでも健康な体でいたいものです。
しかし時として病気やケガなどをして、介護のお世話になることも十分に考えられます。
老人ホームやデイサービスなど、介護施設の利用を検討することになる場合もありますが、この介護施設というのはどのような種類に分かれているのでしょうか。

・介護施設、老人ホームの種類について
一口に介護施設といっても、サービスの内容などによってその種類も分かれます。
介護についてあまり関わりがない方の中には、ある年齢になれば誰でも老人ホームや介護施設などに入れると思っている人もいるようです。
この部分について間違うことも多くありますので、基本的なことをしっかりと確認しておく必要があります。
老人ホームの中にも介護を行っているところもたくさんありますので、選択肢の一つに入れてみるのもいいと思います。
現在介護を行っている人の中には介護形態の選択によって費用や時間などにも大きく影響してきます。
そのため介護利用者の希望を聞き、必要なプランニングを行うことが重要になります。

・介護施設の種類について
まず特別養護老人ホームです。
これは「特養」などと言われることがあります。
特別養護老人ホームは公共型の施設であり、民間施設と比べて利用料金もかなり安くなっています。
また入居金なども不要ですので、経済的負担も軽減されます。
実際の利用料金は、5万円~15万円程度と幅も広くなっています。
特別養護老人ホームは終身入居も可能ですので、希望する人も増えています。
健在待機者も多いので、入居できるまで時間がかかる場合もあります。

次に老人保健施設です。この施設は病院から自宅に帰るための、リハビリテーションを行う介護施設になります。
こちらも特養と同じく、入居金は必要ありません。毎月の料金は、だいたい8万円~16万円程度となっています。
入居については原則6カ月間で、長期入所はできませんので注意してください。
そして介護付き有料老人ホームです。こちらは介護保険法によって生活介護指定を受けた民間の有料法人ホームになります。
介護サービスについては、基本的に料金は定額となっており、自立形態の場合は共用部分の充実度か特徴です。
公共型の施設と異なり、利用料金が高くなります。
入居のための一時金が必要になる場合があり、毎月の利用料金は13万円~35万円程度になります。

このように介護施設や老人ホームは種類によって分類されますので、種類ごとに施設を選択してください。
特別養護老人ホームなど公共型の施設と比べて、民間型の介護施設は利用料金も高いので注意してください。

 

神戸老人ホーム紹介センター

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ