介護施設ってたくさん入居待ちの人がいるの? | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

介護施設ってたくさん入居待ちの人がいるの?

介護が必要な人にとって重要な施設が、特別養護老人ホームなどの介護施設となります。
特別養護老人ホームは公共型の施設であることから、入居を希望する人も少なくありません。
そのため施設に入居できない方は、施設に空きが出るまで待機することになります。
介護施設は現在多くの入居待ちがいる話を聞きますが、その実態はどうなっているのでしょうか。

・利用料金の介護施設
高齢社会となっている影響もあり、最近は特別養護老人ホームといった介護施設の数は大変増えてきています。
介護施設は公共型のものと、民間企業運営の施設に分類できます。
公共型は民間企業の老介護施設と比較すると施設の利用料金が安いので、入居を予定する人が多いのが現状です。
特別養護老人ホームなどは入居を希望する人も多いので、待機待ちの人もたくさんいます。
公共型の特別養護老人ホームなどは利用料金の安さが魅力なので、入居待ちも毎年も増えているのです。
介護施設の種類も様々ですが、その中で費用が最も安いのが介護保険施設になります。
この介護保険施設の中に特別養護老人ホームがあります。
その他にも介護老人保健施設と介護療養型医療施設と呼ばれる施設があります。
後者については介護報酬制度の改定もあり、将来的には老人保健施設などに転換することによる療養機能の強化が予定されています。
新類型の施設が登場することもあり、さらなる希望者が出てくることが予想されます。

・入居まで時間を要します
介護施設を希望する人の中には利用料金の面から、「特別養護老人ホーム」、「介護老人保健施設」、「介護療養型医療施設」などの公共型の老人ホームを希望する人も少なくありません。
しかしこの中で介護老人保健施設については在宅復帰が目的となっていますので、原則的に3カ月で退去する必要があります。
そのため公共型の介護施設の中では、介護ケアサービスもあり長期的入居も可能な「特別養護老人ホーム」に人気が集まってくるようです。
特別養護老人ホームなどの公共型の施設は民間施設と異なり利用料金が安価なので、入居待機者数も多くなっています。
そのため申請した後、実際に入居できるまでかなりの時間を要することになります。
実際に待機希望者も多く、そのことが大きな問題になっています。

介護施設を希望する人の多くは、利用料金の安い施設を希望するものと思います。
同じ考えの人が増えてくれば、それだけ待機待ちの数も増加してきます。
入居申請をしても実際に入居できるのはいつになるか、分らない状態の人もたくさんいます。
将来的にこのような課題について解消されることが臨まれています。

 

神戸老人ホーム紹介センター

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ