介護に関する補助金ってどんなのがあるの? | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

介護に関する補助金ってどんなのがあるの?

補助金というシステムをご存知でしょうか?
要介護認定により介護(老人ホームの施設を利用する場合)や、支援が必要だと認められた人へ、給付金やサービスなどを受けることができるシステムです。
介護に関する補助金にはどのようなものがあり、どのように利用できるのでしょう。

・介護保険の給付が受けられる
基本的には、65歳以上で要介護と認められた場合に、給付が受けられるようになっています。
また、40歳~64歳までの人で特定の疾患が原因で介護が必要になってしまった人も、給付を受けることができます。
この介護保険の給付があるからといって、介護サービスがある老人ホームを利用した場合でも、料金が無料になることはありません。
しかし、老人ホームの費用を1割の負担で済むようになりますので、個人の負担額が大幅に下がると考えられています。

・介護する方への支援もある
寝たきりの人や認知症の症状がある人を、老人ホームではなく自宅で介護している場合には、家族介護慰労金制度を受けることができます。
この制度は低所得の家族に対して支給されているもので、自治体などによっては支給対象者や支給額が変わることもあります。
最近では、こちらの支援は自治体によっては廃止されていることもあります。
支援を受けられることで、老人ホームを利用せずに家庭で介護を行う人が増え、固定化を招いてしまうことも考えられたために廃止となったのです。
自治体によっては、まだ廃止になっていないところもありますので確認しましょう。

・介護休業給付制度
家族を老人ホームでなく自宅で介護するために、仕事を休業せざるを得ない場合に給付金が出るシステムもあります。
パートの勤務でも、この制度は適用されます。
給付金を受給するためには、一定の条件を満たさないといけないこともありますので、事前に調べた方が良いでしょう。
必要な書類として、介護休業申出書などが必要になります。
しかし、ずっと給付金が受けられるというわけではありません。
介護休業が3ヶ月を経過してしまったときは、介護休業開始日から3ヶ月経過した日が介護休業終了日となり、その後は給付を受けられなくなりますので注意しましょう。

他にも、老人ホームを利用しないで自宅で介護を行う場合、バリアフリー改修補助金を受けることができます。
これは、床の段差をなくすため、手すりの取り付け、便座を洋式にするなどバリアフリー化にする改修工事に限定されています。
支給額も上限があり、改修工事にかかってしまった費用を1割は負担しなくてはならないという場合もあります。
老人ホームの入居を考えているのであれば、介護保険の支給を受けた方が良いでしょう。

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ