一番安い老人ホームの種類はどれ? | 神戸老人ホーム紹介センター

有料老人ホーム、サービス付高齢者向け住宅、グループホームなどのご紹介をします。神戸老人ホーム紹介センター
お気軽にお問合せください
HOME 施設を探す 施設選びのポイント 相談から解決まで よくある質問 お問合せ

ブログ

一番安い老人ホームの種類はどれ?

高齢者がお世話になるのが老人ホームですが、施設によって利用料金が変わります。
利用料金が安いところ高いところ様々ありますので、まずは老人ホームの比較検討から始めてみるのも良いでしょう。
様々な施設を見比べることで、料金やサービス内容を把握できます。

・必要料金の把握
老人ホームを見つける時、気になるのが利用料金ではないでしょうか?
費用を考える時に気をつけたいのが、実際に払える費用と今後の生活で必要な費用の把握です。
それぞれの費用を計算して、利用できる老人ホームを探してください。
実際に払える費用は、年金額、預貯金、株式、不動産、保険などの資産、ローンなどの借入金、家族の支援金額などを考慮して決定します。
そして老人ホームにかかる費用の算出も必要です。
老人ホームの費用は、一般的に入居時費用と月額費用に分かれます。
この時に注意することは、月額費用に含まれているものです。
月額費用に含まれているものは老人ホームよって異なりますので、まずその内容を把握してみてください。
そして施設に支払う費用とは別に、日常生活でかかる費用もあります。
これは日用品や医療費などです。
これらの費用を計算して、総合的に判断します。

・施設によって料金は異なります
家族としては、安い料金の老人ホームを希望している方も多いことでしょう。
老人ホームによって料金は変わります。
前述の費用を考慮して見てみると、次のようになります。
料金が高い施設は、シニア向け分譲マンション、高齢者専用賃貸住宅、サービス付き高齢者住宅、高齢者向け優良賃貸住宅です。
そして比較的料金が安い施設は、軽費老人ホーム、グループホーム、ケアハウス、介護老人保健施設、介護療養型医療施設、特別養護老人ホームなどです。
これらの施設では、個室と多床室のところがあります。
もちろん個室と多床室でも費用は異なりますので、確認しておく必要はあるでしょう。
多床室の施設は費用が安いこともあり、待機者が増えています。
そのため、入居難易度は高い傾向にあるのです。
このように、施設の種類によって利用料金は変わりますので、予算と相談して決めてください。
また、インターネット上の比較サイトなどもおすすめです。
比較サイトであれば料金ごとに施設を検索できますので、安い施設が見つかりやすいのです。

老人ホームによって利用料金は異なりますので、安い施設を見つけるためには多くの情報を集めてください。
パンフレット、新聞広告、インターネットなど、様々な情報を利用すると良いでしょう。
料金の安い施設は人気があります。
そのため根気よく探していきましょう。

老人ホームに関する無料相談受付中!
メールでのお問合せ

老人ホームの基本

  • 老人ホームの種類
  • 費用について
  • 施設選びのポイント
  • 入居の流れ
  • ご相談者の声
  • トラブル事例
老人ホーム選びはこれでバッチリ!
相談表のダウンロード
スタッフブログ
無料メール相談を実施しております
老人ホームの方へ
  • 当センターについて
  • 選ばれる理由
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ